管内の農産物

栗

 管JAあいち三河管内の栗は額田地域で栽培されています。例年、9月中旬~10月上旬にかけて、同JAぬかた特産部会くりグループが「ぬかたの栗」の名称で出荷しています。

主な品種

早生栗
丹沢 9月上旬~9月中旬 大 淡褐色早生栗の代表品種、品質は良好、生食、加工用共によいが裂果が多い。 
ぽろたん 9月中旬~9月下旬 大
国見 9月中旬~9月下旬 大 結実性は高く、果色は濃い 味はあまり良くない。
中生栗
筑波 9月下旬~10月上旬 中加工原料向き。成木以降の樹勢低下が著しく
銀寄 9月下旬~10月上旬 中大 暗褐色 風味があり品質が良い。形状が他の品種に比べて扁平。結実するのが遅く風に弱いため、収穫量が安定しない。
利平 9月下旬~10月中旬 大 黒褐色 甘味強く肉質も良好、収量が少ない。ゆで栗の食味は最高である。裂果が多い。
晩生栗
石鎚 10月上旬~10月中旬 大 赤褐色 貯蔵用としては最適である。低樹高栽培向き。早期豊産性。

 販売は市場販売から、近年では郵パックでのお客様への直接販売にも力を入れている。しかしながら鳥獣害による被害も多く今後産地維持のため対策を部会として考えていかなければならない。

 
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿