家庭菜園

 
ピーマンピーマン

VARIETY
 大型果ではワンダーベル、ゴールデンベル、ソニアなど、赤、黄、緑と色の変化が楽しめます。中型果では京みどり、あきのなど。小型果では作型を選ばない翠光など、シシトウが便利。長形果では辛みのない伏見甘長(写真)、赤くなったら辛みが出てくる日光とうがらしなどがあります。 イメージ
PROFILE
 ナス科の野菜で、南アメリカ熱帯地方が原産地です。高温に強く(生育適温25~30℃)、楽に夏を越します。秋まで収穫できますが、低温に弱いので、春に早植えすると生育が止まってしまいます。

ピーマンとは、トウガラシの一種で、辛トウガラシにたいして、甘トウガラシにつけられた名称です。もともとは欧米系の大型果をいいまししたが、最近では辛くないものすべてをピーマンと呼んでいるようです。
イメージ
苗の植え替え
イメージ   イメージ
苗は、育てるのに70~80日かかるので、とくに好みの品種がなければ購入したほうが得策。購入苗が3号ポットの若い苗であれば、5号ポットに鉢替えして、暖かい場所で苗を大きく育ててから植えつけるとよい。
畑の準備
植えつけ
イメージ 5月上旬以降、地温が上がってから植えつける。深植えは避ける。低温と雑草対策として、マルチをして地温を上げておくとよい。
整枝
イメージ
支柱たて
イメージ 根が浅く、枝も細くて折れやすいので、早めに支柱を立てて誘引する。
イメージ 根が細いので、乾燥・肥切れに注意する。追肥は一度に与えるのではなく、20日程度の間隔をあけ、わかば有機を1m2当たり20gを目安に施す。品種によっては乾燥させると辛くなるので、敷きわらをし、畝の水分保持に注意する。
収穫
イメージ 1番果は早採りする。2番果以降も30~40g(開花後15~20日)で収穫。枝の勢いが弱っているときは若採りする(大型果は100gくらいで収穫する)
栽培ミニ知識 保存するには
 一度にとれたとき、室内に放っておくと、見た目も、品質も悪くなってしまいます。収穫したらすぐ冷蔵庫に入れますが、もともと高温性の野菜なので、貯蔵するには10℃前後が理想です。
朝、まだピーマンの果実温が上がっていないときに、果梗(果実を支える柄)をやや長めにつけて収穫します。すぐにポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜収納庫の中に入れておきます。果皮が乾いてから冷蔵庫に入れると、品質維持の効果が薄れてしまいます。

果梗をやや長めに着けて収穫すると果実の乾燥を防ぐのに効果的、という実験結果もあります。
イメージ
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿