家庭菜園

 
イチゴイチゴ

VARIETY
 宝交早生が全国の大半を占めた時代もありましたが、近年品種改良が進み、とよのか、麗紅、女峰などが多く栽培されるようになっています。
そのほか、果実の大きいクインベリー、ウインタープリンセスなども、あります。変わったところでは、プランターで長期間収穫できる四季成りいちごがあります。
PROFILE
 北アメリカ原産で、生育適温は17~30℃です。13℃以下に温度が下がり、日照りが11時間以下になると休眠に入ります。休眠中は株の生長は遅くなりますが、花芽はその期間でも作られています。一定の低温期間が過ぎると休眠から覚める性質があり、暖かくなると生長、開花、結実します。また、このころにひも状のランナーが発生して子株ができ、この子株でどんどん繁殖していきます。
根は細く、その大部分が30cm以内の地表近くに伸びていきます。乾燥や過湿には弱いので、注意しましょう。
畑の準備
 日当たり、排水のよい畑を選ぶ。
植えつけ
イメージ 初めて栽培するときには、苗を購入して植える。10月下旬、株元についているランナー片を畝の内側に向けて植えると、花が外側に出てくるので管理がしやすくなる。植えつけ後はじゅうぶんに水をやる。
イメージ
 
イメージ  植えつけ2週間後に追肥をする。そのとき、除草を兼ねて、畝の表面を耕しておく。
葉かき
イメージ 冬の間は、枯れた葉だけを取り除いておく。植えつけ後に伸びてくるわき芽は花を着けることがあるので、残しておく。
マルチング・水やり
2月中旬ころに雑草の発生と果実の汚れを防ぐため、黒色ポリフィルムでマルチする。降雨後にすると畝の水分保持に効果的。冬から春先にかけては、畝が乾きすぎないように水やりを忘れずに
   
イメージ
トンネルかけ
イメージ 早く収穫したいときは2月以降にトンネルをかけて保温する。開花しはじめたら、トンネル内の温度が28℃以上にならないように換気する。
収穫
イメージ 採り遅れると腐りやすいので注意します。
栽培ミニ知識 イチゴの苗作り
栽培する最初の年には苗を購入しますが、翌年からはその苗を利用できます。
母株の管理 1m2当たり堆肥2kg西三河苗配合120gを畝全体に施し、2mの幅の畝をつくります。5月下旬ころに母株を株間60cmにして植え替えます。 イメージ
仮植え 8月下旬~9月上旬に子株を苗床へ植え替えます(図のの株は老化しているので、の株を使う)。じゅうぶんに水をやり、根づくまで日よけをしておきます。
葉かき 根づいた子株は、新しい葉を2~3枚残してあとの葉はかき取ります。
水やりと追肥 1回めの葉かきのときと、9月下旬に、追肥(油粕と骨粉を混ぜたもの3~4握り)をしておきます。
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿