家庭菜園

 
ホウレンソウホウレンソウ

VARIETY
 東洋種と西洋種、その雑種に分かれ、秋まきではおもに東洋種と雑種が利用されています。次郎丸、豊葉、若草、新日本などが代表的です。 春まきでは西洋種と雑種が利用され、ビロフレイ、ノーベル、キング・オブ・デンマーク、パルクなどがあります。作型を選ばないオーライ、ミストラル、アクティブなどの品種もおすすめです。
PROFILE
 西南アジアが原産地の、1年生野菜です。雌株と雄株があり、雌株のほうがよく育つと言われます。生育適温は15℃~20℃で、10℃くらいの低温でもよく育ちます。 種をまいてから15~30日の間に花芽ができます。日長に敏感なので、その後日が長くなると花芽が発達し、とう立ちします。
とう立ちは、日本種よりも西洋種のほうが遅くなります。
土質は選びませんが、水分が適当にある砂地だとよく生育します。土の酸度はpH6~7の範囲が最適で、pH5.5以下では生育不良になるので、ふつうの畑では石灰を施します。
 
畑の準備
 
以前にホウレンソウを作って育ちの悪かった場所では、石灰を増量する。        排水の悪いところでは、畝を高めにする。
種まき
イメージ 鍬幅に、浅くまき溝をつける。種まき前にじゅうぶんに水をやる。1~2cm間隔にばらまきする。
イメージ イメージ イメージ
覆土に凸凹があると、水が低いところにたまって立ち枯れをおこしやすくなる まき溝が平らだと覆土の深さも発芽もそろう。 まき溝に凸凹があると、覆土の深さが不ぞろいになり、発芽もばらばら、その後の生育にもむらが出る。
間引き・追肥
イメージ イメージ イメージ
子葉が開ききったころ、込みすぎたところや発芽遅れ、徒長株を間引く   本葉1枚ころに3cmの株間に間引き、条間に1回めの追肥(わかば有機50~60g/m2)をする。   本葉4、5枚ころ、株間を5cmにする。1回めと同様に2回めの追肥をする。
     
株間と生育状態
イメージ   イメージ
込みすぎると葉柄が長く、葉も幅が狭くなる。   株間が広いと、同じ葉数でも葉が大型で、重量がある
追肥
晩秋まきを除けば、種まき後、45~70日で収穫する。
栽培ミニ知識 ネーキッド種子って?
ネーキッドとは、「裸の」「むきだしの」という意味があります。
ホウレンソウの種は、完熟後3か月くらい休眠期があります。そのため、初夏まきで、新しい種を使うと発芽が思うように進まないことがあります。
この対策として、種を水につけて、芽出ししまきをします。種皮に含まれる休眠物質は水に溶けやすい性質があるため、水につけるとこの成分が水に溶け出すというわけです。水を2、3回取り替えると、さらに発芽しやすくなります。
ネーキッド種子とはつまり、「裸の」種子。休眠物質を含む種皮を取り去ったもので、子葉の痛み防止に保護処理がされています。種をまいてから2日くらいで発芽し、生長速度も速く、収量もふえます。
イメージ
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿