家庭菜園

 
ハクサイハクサイ

グラフ

VARIETY

 ウイルス病、根コブ病に強い新黄、郷風などの一代雑種があります。60日タイプの早生種から90~120日タイプの晩生種まであり、生育期間を確かめましょう。ほかに芝罘、京都白菜、松島白菜、野崎白菜、花心白菜など、在来種も出ています。青海、サラダ(写真)などの極早生でサラダ用のものもあります。 ハクサイ

PROFILE


 約1000年前、中国北部でカブとツケナが交雑されて生まれたといわれています。結球性とに大きく分けられますが、結球性でも包被型、包合型など、種類はさまざまです。生育適温は18~20℃ですが、結球適温はやや低く、13~14℃とされています。ただし、結球するための最低適温は4~5℃で、これ以上の温度であれば、冬の間でも徐々に結球します。  高温には比較的弱く、22~23℃以上になると生育が鈍り、結球もしにくくなります。12℃以下の温度で花芽ができるので、低温にあうまでに、結球に必要な葉数を確保するようにします。

苗作り
じかまきもできるが、気温が高いと生育がそろいにくいので、苗を作ったほうがよい。種は3粒まき、薄く土をかける   子葉が開ききったころ2株に、本葉2枚のころに1株にしておく

畑の準備
日当たりと水はけのよい場所を選び、2~3年連作は避ける

植えつけ
根鉢を崩さないように、前日じゅうぶん水をやっておく
 
植え穴は大きめにあけて、根鉢が見える程度の浅植えにする   葉のつけ根まで土に埋もれてしまわないようにする

追肥・土寄せ
追肥後、中耕し、除草して土寄せしておく。植えつけ半月後に1回目、結球しはじめる前に2回目の追肥をする。葉を傷めないように注意する

病害虫防除
アオムシ、コナガ、アブラムシなどは早期防除をしておく

収穫
球の頭を軽く押さえ、硬く締まった感じのものから収穫する

霜よけ
球が完成すると耐寒力が弱まる。霜が強くなると球が痛むので、外葉を寄せて先をくくっておく



栽培ミニ知識 じかまきするには
じかまきでも作ることができます。
畝づくり 苗作りのときと同じ。
種まき 一般には8月中~下旬に、80cm程度の畝なら1条、120cmの畝なら2条に、株間50cmをあけて種をまきます。  種をまく場所に、ジュースの瓶の底などで、深さ1cmのへこみをつくり、そこへ5、6粒、間隔をあけてまきます。覆土は種が隠れる程度にし、にわか雨などで種が流されないように切りわらで覆っておきます。
間引き 本葉が出はじめたころ1か所3株に間引き、その後間引きを繰り返して本葉5、6枚で1か所1株にします。
そのほかの管理は移植栽培と同じです。
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿