家庭菜園

 
ダイコンダイコン

VARIETY
 秋・冬採りでは、宮重のほか、理想、大蔵、三浦などの在来種が多くあります。 春・夏採りでは春みの早生、夏みの早生が主流で、時無青首系の品種もあります。丸ダイコンでは聖護院、桜島があります。また、二十日ダイコンもコメットのほか、白色や紫色の品種も見られます。 葉を食用とする葉ダイコンと呼ばれる品種もあります。
PROFILE
 原産地は中央アジア、中国で、日本には中央アジアと中国のものが交雑を繰り返したものが導入されたといわれます。そのため、日本各地で在来種がうまれています。また、ハマダイコンが野生していますが、これも日本原産ではなく、導入されたものが野生化したといわれます。
冷涼な気候を好み、生育適温は17~20℃ですが、生育初期は0℃~35℃まで耐えます。ただし、根がふとってくると5℃以下の低温や30℃以上の高温になると生育障害がでてきます。 深く耕した、排水性のよい肥沃な土壌だとりっぱなものができます。
畑の準備
ダイコンは根が深いので、スコップで深く耕す。堆肥は施さない。また、小石や大きな雑草の根などは取り出しておく。
種まき
イメージ 1cm程度土をかけ、軽くおさえてから じゅうぶんに水をやる。
間引き
イメージ イメージ
本葉が1、2枚開いたころ3株に   本葉5、6枚ころに1か所1株にする。シンクイムシ、アブラムシ、ヨトウムシ、アオムシなどの駆除は早めにする
追肥
イメージ   イメージ
1回めと2回めの間引き後に追肥する。
2回めの追肥のときに株元へ土寄せする。
  葉の間に土が入らないように注意する。
マルチング
イメージ 春まきのばあいは、地温を暖めてやると、生育が早まる。降雨後、土が湿っているときにポリフィルムをかける。
収穫
イメージ   イメージ
じゅうぶんにふとったものから収穫する。収穫が遅れるとすが入るので注意。   葉柄を切って、断面の一部がす入り(スポンジ状)していたら根もす入りしている可能性が大きい。
栽培ミニ知識 カイワレダイコンの作り方
カイワレダイコンは、砂土や砂土壌の畑で育てられます。
品種 四十日ダイコン(ふつうのダイコンの種)を用います。 畝はよく耕し、油粕や鶏糞など有機質肥料を施し、平畝にします。 イメージ
種まき 15cm間隔にまき溝をつけます。まき溝いっぱいに、種がくっつくほどのばらまきにし、種を押さえてから薄く土をかけます。
土寄せ
と水やり
発芽がそろったら、条間の土を子葉のつけ根まで土寄せします。水やりは葉水をかける程度で、回数を多くします。晴れたときには1日2、3回、穴の細かいじょうろで茎を倒さないように水をやります。
収穫 本葉が出る前に抜き取ります。
  • 総合ポイントカードのポイント残高確認
  • 広報誌「KONにちは!」
  • 准組合員向け広報誌「KONにちは!+(プラス)」
  • コミュニティー誌「みようね1」
  • 総合ポイント奨励制度
  • 道の駅 藤川宿